Elmallブログ

一覧に戻る

一覧に戻る

チャンクで英語をモノにする(1)

2021.03.03

[英語]

チャンクとは

2020年度からC1とC2クラスに導入されたチャンクテスト。
「先生、なんで単語テストとチャンクテスト両方やるのですか?単語単位でなくチャンクで覚えろとか、チャンクを意識して読めとか聴けとか言われますけど、そもそもチャンクってなんなんですか?チャンと教えてください!」

と、チャンクでなくモンクをいう人がいるとかいないとか…。

チャンク(chunk)というのは、専門用語でもなんでもなく
「かたまり」のことです。
a chunk of meat 肉ひとかたまり。

英語学習でいうチャンクとは
「複数の単語が集まって意味を作っているかたまり」のこと。

例えば
Good morning と聞いて
「good=良い morning=朝」
とバラバラに考えて「良い朝」と答える人はほぼいません。
英語初心者でも「おはようございます」だとわかるでしょう。
また、
「Nice to meet you」と聞いて
「nice=すてきな、to、meet=会う、you=あなた…」
と1語1語考える人もいないでしょう。
「初めまして」「お会いできてうれしいです」
というより、
初めて会った時の決まったあいさつだと
英語のまま理解している人も多いのではないでしょうか。
発音も「ナイスチューミーチュ」と1ワードのように覚えているでしょう。

このように、複数の単語からできているのに、1ワードのように一息で言えて意味がわかるかたまり、それがチャンクです。

チャンクになるのはこのような文だけではありません。

例えば

an increasing number of people
= ますます多くの人たち(名詞チャンク)

put an end to
= ~を終わらせる(動詞チャンク)

made in Japan
= 日本で作られた、日本製の(形容詞チャンク・過去分詞句)

to brush up my English
= 英語に磨きをかけるために(副詞チャンク・不定詞)

on Monday
= 月曜日に(副詞チャンク・前置詞句)

複数の単語からなるチャンクを1ワードのように覚えることで
コロケーション(慣用的な単語のつながり)が身に付くのはもちろん、
listening, reading, speaking, writing すべてにおいて英語力がアップします。

次回は、チャンクを使って各技能をどう向上させるのかお話しします。

To be continued  (次回へ続く←これもチャンク)

by Coolmint

一覧に戻る

無料体験会・説明会
はこちら

新着一覧