Elmallブログ

一覧に戻る

一覧に戻る

「今年の英単語 2018」決定!!

2018.12.18

[英語, イベント]

「流行語大賞」「今年の漢字」などが年末の風物詩となっておりますが、
それなら「今年の英単語」があっても良いだろうと2016年から今年を象徴する英単語を選んでいます。
今年も、エルモール会員の皆様に投票していただいた中から
「今年の英単語」が決定しました!!

「エルモール 今年の英単語・英語フレーズ2018」に選ばれたのは

 

:::::::::::
Disaster
:::::::::::

 

投票の3分の1に、災害に関係した言葉やコメントがありました。

disaster「自然災害が多い年だったので」「災害が多すぎて」
climatic (natural) disaster 「地震、雨害、台風22号、24号など被害が多かったので」
blackout 「9月の北海道地震で41人が犠牲に。画面に映し出された暗黒の街が目に焼き付いている」
cooperation 「災害が多かったりしたため」
volunteer 「スーパーボランティアおじいさんがすばらしい」
prayer 「今年の自然災害の多さと第一次世界大戦終結100年に追悼の祈りを込めて」
hope 「今年の漢字一文字に選ばれた『disaster(災)』ですが個人的にはhope(パンドラの箱の一番底に残っていたもの)としました」

その他多かったのがスポーツ界や産業界、大学などの不正やハラスメントに関する言葉
irregularity, money irregularity, exposure, #MeToo
国際情勢に関するもの sanction, unilateralism
東京オリンピック、ラグビーワールドカップに関連して Olympics, hospitality, Heineken
流行したもの This is me, TikTok, C’mon baby America
ニュースで耳にした言葉 diversity, Tramp, GAFA, Emblematic,
個人的な出来事から start, renewal, victory, marry/marriage

 

今年の漢字に選ばれた『災』は
「川の氾濫」と「火事」から成り立っていますが
『disaster』の語源は「dis-(否定、離れて)+aster(星)」です。
占星術で良い星(幸運)から離れることで生じる悪い事柄から来てるそうですが
空の星が見えなくなるような出来事(悪天候、噴火、火災)、
この星から離れてしまう(命を落とすほどの)出来事(大失敗、惨事)とも考えられますね。

「エルモール 今年の英単語・英語フレーズ2018」が今年を振り返るきっかけになればうれしく思います。

by クールミント

一覧に戻る

無料体験会・説明会
はこちら