Elmallブログ

一覧に戻る

一覧に戻る

知っているようで知らない基本動詞”PUT”

2016.10.22

[英語]

クールミントです。
動詞 put の意味を知っていますか?
学校英語では「置く」という意味で習ったくらいで
putはgetやtakeほどあまり重要視されていなかったかもしれません。
実はputは会話でもニュース英語でも
とても使い道の多い動詞なのです。

茅ヶ崎方式の『国際英語基本4,000語』の中にも
putを使ったイディオムがこんなにあります。

put forward (案・意見など)を提案する
put off  延期する
put on  着る、はく
put out (火、明かりなど)を消す、差し出す
put up with ~を我慢する

putを「置く」とだけ覚えておくと上のような意味は導き出せません。

putは下に置くというよりも
何かをどこかへ、またはある状態に持っていく」という感覚です。
そっと押して動かしてやる感覚でしょうか。
pushほど強くないけれど placeよりゆるいかんじ。

put forward
案や意見などを前にそっと押し出してやる→提案する
put on
服や帽子、靴などを体にonしてやる→身に着ける
put out
火や明かりなどをoutな状態にもっていく→消す

では次の例文はどういう意味になるでしょう?

She put an English poem into Japanese.

英語の詩を日本語にもっていく
→彼女は英語の詩を日本語に翻訳した

put=置く を活かして、「置き換える」と言ってもいいかもしれませんね。

あなたがお母さんなら
日常場面でよく使うputはきっと次の意味でしょう。

Put your things away!”
片づけなさい!」

それではこのへんで

Put an end to my today’s entry といたします。

 

by CoolMint

一覧に戻る

無料体験会・説明会
はこちら