Elmallブログ

一覧に戻る

一覧に戻る

星川の灯篭流し(くまがや英語新聞・第4回)

ご先祖様の魂をお迎えし、そしてお見送りするお盆。その最後の日に、熊谷駅前を流れる星川で灯篭流しをやったにゃ。70年前、終戦の日の前日に起きちゃった熊谷空襲は、みんなに戦争の怖さを教えてくれるにゃ、、、。毎年恒例の灯篭流しでは、そこでの犠牲者の魂を追悼するため1950年に始まったんだにゃ。これを機に、平和のために大切なものは何か、みんなにも考えてもらいたいにゃ~。

nyaozane

 

 星川の灯篭流し

 

  1. A summer religious event, “Toro-nagashi” was held in Kumagaya at the end of Bon holidays.

 

  1. The annual event took place along the Hoshikawa river near Kumagaya Station on August 16. Some 7,000 people joined the festival to commemorate the victims of the deadliest air raid on Kumagaya on August 14, 1945, one day before the end of the war.

 

  1. The participants wrote their prayers on their lanterns and let them afloat on the river to see the victims’ souls off.

 

  1. The central area in Kumagaya was heavily bombed and 266 citizens were killed in the air raids. They tried in vain to dive into the river in a bid to escape the massive fire of the aerial bombing.

 

  1. A Kumagayaite said he will keep making a lantern for the event forever to let his children know the tragedy of the Kumagaya Air Raids and the war.

©茅ヶ崎方式英語会

 

  • 語注

religious event:宗教行事          participants:参加者

annual event:年に一度の行事        write prayers:祈りの言葉を書く

take place:(イベント等が)開催される   see the souls off:その魂を見送る

commemorate the victims:犠牲者を悼む  tried in vain to do:~を試みたがダメだった

deadliest air raid:ものすごい空襲            in a bit to escape:脱出を試みて

atube

和訳 

1.夏の宗教的行事である「灯篭流し」がお盆の暮れに熊谷で行われた。

2.その年中行事は8月16日、熊谷駅近くの星川沿いで行われた。約7000人がそれに参加し、終戦の前日、1945年8月14日(に発生した)悲惨な熊谷空襲の犠牲者を悼んだ。

3.参加者は各々の灯篭に祈りの言葉を記し、それを川に浮かべて犠牲者の魂を見送った。

4.熊谷の中心部はひどい爆撃を受け、266名の市民がその空襲で亡くなった。彼らは空襲による大火を逃れようと川に飛び込んだが無駄だった。

5.市民のひとりは、これからもずっと灯篭を作り続け、子供たちに熊谷空襲や戦争の悲劇を伝えていきます、と語った。

 

※この記事のPDFはこちらからどうぞ。

くまがや英語新聞4(星川の灯篭流し)

※「くまがや英語新聞」はフリーペーパーです。ご自由に印刷、配布していただいてOK!また、熊谷や北埼玉のローカルニュースがあれば是非情報をお寄せください。お気づきの点、お問合せはお気軽にエルモールまでお願いします。

048-580-5361(火・木・土・日)

一覧に戻る

無料体験会・説明会
はこちら